Moonlite マインニングに新しい風を吹かせる

ビットコイン、ライトコイン、そしてその他の仮想通貨が国際的に値上がりを見せるなかで仮想通貨周りのインフラも拡大していている。一日に数万件のアカウントが取引所で開設されており、概して、その通貨の健全性の指標となる取引も価格も劇的に上昇した。本来受けるるべき評価をされていない分野としてマイニングがある。マイニングは取引を実行において必要なプロセスであり仮想通貨にとっても不可欠な要素でありながら注目が集められていない。

このギャップを埋める機会を作っている会社がMoonliteだ。Moonliteはアイスランドに拠点を構える仮想通貨のマイニング事業を手がける会社だ。彼らは年内にビットコイン、ライトコインからダッシュなどのアルトコインに渡る採掘オペレーションを始動させる。

何故アイスランドなのか

アイスランドは幾つもの理由によりまず第一にとにかく寒い。これにより温度環境を管理する設備投資が少なくて済む。次に電気代が信じられないくらいに安い世界的にも最も電気代が安い国だ。加えてこの国の電気は水力、風力、地熱発電のような再生可能エネルギーから作られる。第三にアイスランドの教育レベルは非常に高い。識字率は100%であり、リテラシーのある労働力が揃っている。

これらは投資家にとってどんな意味があるのだろうか

Moonliteは現在トークンのプレセールを行っている。この期間のボーナスは100%から300%だ。プレセールは2018年2月末から3月の15日迄行われる。投資家が興味を示す理由が幾つかある。まずMoonliteはロードマップにおいてマイニング事業が拡大するにつれてトークンの価値があがる仕組みを公表している。同社は利益の35%を投資家に還元するとともに事業の拡大につれ自社が保有するトークンを無効にするという。これによりトークンの希少性が高まり、市場にあるトークンの価値が上がる仕組みだ。

ICOの参加者はクレジットカードの他6種類の仮想通貨でプレセールに参加する事が出来る。事業計画書によるとMoonliteは2018年8月1日に最初のデータセンターを稼働する見込みだ。

 

ホワイトペーパー:

https://www.moonlite.io/wp-content/uploads/2017/11/Moonlite-Final-White-Paper.pdf