Innovators File#1 ビットコイン・エヴァンジェリスト・宍戸健の語るこれからの仮想通貨業界とは

仮想通貨のミートアップとしては世界最多開催数を誇る東京ビットコインミートアップのオーガナイザーの一人でありビットコイン・エヴァンジェリストの宍戸健氏。イスラエル在住の宍戸氏の語る仮想通貨業界の動向と今後の展望とは。

 

Q:初めに宍戸さんが仮想通貨の世界に入ったきっかけを教えて下さい。

宍戸:まず簡単に経歴から話しますと、高校二年生の時にアメリカのミシガン州に留学して、オーストラリアの大学に進学しました。卒業後に野村不動産がオーストラリアに作ったジョイントベンチャーに6年くらい勤めていました。その後はシンガポールテレコムで法人向けに通信回線の営業をしていました。当時担当していたのはHFT(High Frequency Trading)を行う外資系の金融機関でしたが、他の業種に比べて金回りの良さが段違いなのを目の当たりにしました。「なんでこの人達はこんなにお金があるのだろう」という疑問からお金の仕組みや歴史を調べるようになったんです。その過程で現在の紙幣制度の在り方に疑問を持つようになりました。2011年4月ごろに当時フォローしていたYoutuberがビットコインを紹介しているのを見た事がきっかけで仮想通貨にはまっていきましたね。

初期のビットコインのコミュニティには主にブロックチェーン技術に関心のあるテック系の人達と貨幣制度に疑問を持つリバタリアン的な政治思想を持つ人達がいました。技術的関心だけだった人たちの多くは、当初2年くらいはビットコインの価格がほぼゼロだった事もありドローン、VR技術など他のおもしろそうな分野に興味が移り、ビットコインから離脱しました。しかし政治思想を持つ人達はビットコインの価格が低迷していた時期にも普及活動を続けてその後多くのビットコイン企業の創業者やエンジェル投資家になりました。

Q:現在はイスラエルを拠点に活動されているそうですがイスラエルで印象的だった事を教えて頂けますか?

宍戸:まず驚いたのが治安がよくとても安全なことです。日本人に限らず多くの人にイスラエルは「えー、なんか物騒で怖い。」というイメージがありますがなんというか街を歩くと雰囲気自体が平和なんです。普通海外に行くとスリに合うのではないかと緊張するじゃないですか、イスラエルではそもそもスリや犯罪の気配がないのです。次にベンチャーの数がとにかく多い事です。We Workだけでテルアビブ市内で6か所もあります。イスラエル人に聞くとサラリーマンだと生活がしにくく、ベンチャーを起こさないと色々と評価されないみたいです。日本と反対のイメージですね。

またイスラエルはアグリテックが盛んです。イスラエルの農業は高度に機械化されていて多くの農業用ロボットが活躍しています。砂漠の国なので水を一滴も無駄にしないという精神と地政学的な安全保障の観点から早くから食料自給率100%を達成しています。国土は四国ほどなのにも関わらず、イスラエルの農作物の輸出額は日本のそれと同等なのです。

私が訪ねたテルアビブ北部を拠点とするMeshek76社は無人農業栽培のアグリテック研究開発会社でしたが、運転資金を稼ぐために仮想通貨のマイニングをしていました。若い人達がテックを使って日々農業栽培ロボットのプロトタイプの改善、マイニングアルゴリズムの改善を行っていました。一方で日本の農業は利権や参入障壁の高さからテックが出来る若い人達が入ってこないのが残念ですよね。

あと面白かったのはMeshek76社がPOCで受注していた水晶の選別プロジェクトです。イスラエルは水晶、ダイヤモンドなどの鉱石加工業が有名ですがこの分野でもAIの導入が始まっています。グレードの峻別は未だに人間が目視で行っているのですが、それを高精度カメラで色を識別、グレードごとに機械が選別するというプロジェクトでした。

Q:宍戸さんはビットコインキャッシュのエバンジェリストとして有名ですが、ビットコインキャッシュの今後の展望についてお聞かせください。

宍戸:ビットコインキャッシュは今年の5月と11月にハードフォークを行う予定になっていますが、あくまで暫定的な予定です。オップコードを入れてスマートコントラクトが使えるようにするという計画もありますがまずはキャッシュとして広く利用されるようにするのがプライオリティだという意見も多くあります。

Q:最近なにか注目しているプロジェクトはありますか?

宍戸:Yoursというブログサイトを知っていますか?Yours内のブログ記事の購読料はブラウザ内蔵のウォレットを通じてビットコインキャッシュのオンチェーンで支払われるのですが、参加者のインセンティブの与え方が斬新です。各ライターは記事の購読料を数セントから設定するのですが記事の前半は無料で後半は25セントといった設定もできます。またフェイスブックの「いいね」に相当する投票機能もあり、投票するのに手数料が発生します。その代わりに自分の後に投票した人のフィーの一部が還元されます。有名人の記事に良質なコメントを書けば自分のPRも出来ると同時に、コメント欄の荒らしが排除され良質なコメントが残るというデザインです。

Steemitと似ていますが、Steemit は独自のトークンがありますよね。トークンを発行するとブロックチェーンマネージメントをしなければならない。トークンの価値が上がり続けるにはユーザーが増え続けないといけないけど、かといってインフレになったらトークンを持つインセンティブが生まれない。これをプロジェクトと平行してやるのはすごく大変な事です。なのでYoursは独自のトークンを使わずビットコインキャッシュを採用しています。

 

Q:メディアの収益モデルを大きく変えそうですね。

宍戸:そうですね。多くのメディアは依然として広告を主な収益モデルとしていたり、すぐに月額購読に持っていこうとしますが、ビットコインキャッシュによるマイクロペイメントによってYoursのようなモデルがすでに実現しているのです。これはとてつもないインパクトがある事だと私は二年前から言っているのですが、周囲の反応は薄いですね(笑)

 

Q:最後に今後の夢、やりたい事をお聞かせください。

宍戸:この国は東京は面白いけど地方に活気がないのが問題ですよね。日本では明治以降急速に東京の一極集中化が起りました。今ではネットがあれば地方でも仕事なんていくらでも出来るはずなのですが、東京と違って地方には面白い人や刺激的な人が沢山いるわけではないので、みんな地方で仕事をしたがらないですよね。一方でドイツ等は各地方が栄えていて面白いです。私は日本も分散化して各地方に活気を取り戻したいです。